心が病むのは〇〇をしていないから|うつ病にも効く?!

depression

「最近、なんかしんどい。うつっぽい。」

それは、もしかすると毎日のとあることが原因かもしれません。

とあることとは、何か。

答えは、挨拶です。



挨拶がうつ病に効く?!

挨拶は、小学校・中学校でもしましょうと言われ続け、

職場や部活動等、様々なコミュニティで挨拶をするよう指導されてきたと思います。

でも、心から挨拶している人って、一体どれくらいいるでしょうか…?

ぶっちゃけたところ、形だけでやっている人が殆どじゃないでしょうか。

実は挨拶のエネルギーって、本来はんぱじゃありません。

じめじめと湿ったぼくたちの心を、すっと乾かしてくれる

心地よい風のようなエネルギーが挨拶にはあるんです。

では、挨拶をしないとどうなるか。或いは、形だけの挨拶をし続けるとどうなるか。

間違いなく、心は病みます。

心にカビが生えます。

すぐにではないでしょう。でも確実にカビは進行していき、うつっぽくなったり、精神的にしんどくなってきます。

挨拶する機会がない人は…?

そもそも挨拶する前に、人と会わないよって人。そんな人におすすめは、「早朝散歩で挨拶」です。

early-morning

早朝の空気って、とんでもなく鮮度が高く、ぼくたちの生きる気力を遺伝子レベルで刺激してくれます。

早朝に散歩する方って、意外とちらほらいて、すれ違ったりするんです。

そんな時に、朝の新鮮なエネルギーを利用して、一言挨拶してみましょう。

日中は、見知らぬ人に挨拶するのは、違和感があると思いますが、

朝はそういう意味でボーナスタイムです!挨拶のボーナスタイム

早朝の散歩は、本当に健康にも最高に良いので、心からおすすめします。

心から挨拶するコツって何?

心から挨拶するコツ。

それは「感謝と喜びです。

相手に今日会えたこと。お互い元気でいれること。

今日も新しく歩めること。それが嬉しいこと。

ありったけの喜びを、爽やかな挨拶に乗せて届けるのです。

もっと世の中に楽しい空間をつくりませんか…?

もっと爽やかに心を開放しませんか…?

もう頑なに心を閉じる必要はありません。

ぼくたちで世界に新しい風を吹かせましょう。

タイトルとURLをコピーしました