【有料級】最強の食生活を教えます|全人類におすすめの健康法

vegetables

「食」は人間の基本です。

「食」が人生を決めるといっても過言ではありません。

あなたはどれくらい「食生活」にこだわりを持てていますか…?

本記事では、

  • 最強に健康になる「食生活」を知りたい
  • どんな食べ物が健康にいいの??
  • ダイエットして体調とパフォーマンスを向上させたい

そんな方々に超絶おすすめな記事となります。

正直、有料級レベルだと思います。

私自身、いろんな本や情報を精査しながら、

改良を重ねて出した「食生活の最適解」を本記事でご紹介します。

最強の食生活」を知って、あなたも最高の人生をスタートさせましょう!



食事は「量と質」で決まる

まず、前提として

食事のレベルを上げるためには

  • 食事の量の最適化
  • 食事の質向上

この2つが重要になってきます。

質を上げるためには、食べるものの質を上げれば解決しそうです。

では、量を最適化するとは、具体的にどういうことが必要なのでしょうか?

食事の量の最適化

答えから言うと、

一日三食をやめて、それぞれ腹七分までにおさえる」です。

え、三食やめちゃうの??と思われたかもしれませんが、

実はそもそも一日三食という習慣は、明治以降に広まったもので

食物の流通量を増やして、市場を活性化させる目的があったとも言われています。

そして、医学関係の本を読んで驚くべきことは、

一日三食を推奨している本は、一冊もないということです。

ぼくたちは資本主義経済に乗せられて、必要以上に食事を摂取してしまっているのです。

これによるデメリットは何か。

胃腸の疲労」です。

長時間かけて消化・吸収したかと思えば、また新たに食べものが入ってくる。。

まさにブラック企業のような状態を、自分の体内につくってしまっているのです。

胃腸にもしっかり休憩をとってもらうこと

これが本当に大事です。

では具体的にどのように休んでもらうかと言うと、

一日の中に16時間、空腹の時間帯を設けること

16時間?!!ながっっ、と思われるかもしれませんが、大丈夫です落ち着いてください。

なぜ16時間かというと、人間のからだは空腹状態が16時間続くと、体内の古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせるオートファジーが活性化するからです。

そしてこの16時間は、睡眠時間を含んでも大丈夫です。

たとえば、「夜22時に就寝&朝5時起床(7時間睡眠)」と仮定すると、

就寝2時間前の20時までに夕食を済ませ、

翌朝朝食はなしで、お昼の12時に食事。

という流れになります。

非常に理想的な食事のサイクルですね!

少しハードルが高く感じられるかもしれませんが、

脳も澄み切って、集中力爆上がり。

一日の生産性がえげつないくらい向上するので、本当におすすめです。

今まで感じてきた倦怠感は、一日三食が原因だったんだと知ることになります。

是非「16時間断食」に取り組んで、一緒に超サイヤ人になりましょう。

では、ここから具体的にどんな食べ物を摂取すればいいか、見ていきます。

Let’s go!!

 

食事の質向上

いつ、何を食べればいいのか

もうぼくの最適解の結論をお伝えします。

以下をご覧ください。

 

〈最強の食生活〉

■朝はなし (or 生野菜サラダ)
①緑茶1杯

■昼
①リンゴ(食物繊維)&トマト(柑橘類の果物でも可)
昼食はファスト食品(主に果物)で
昼休みにコーヒー&チョコ少々(カカオ70%以上)摂取+仮眠
(コーヒーは一度に400mg以上とらない。起床後90分は飲まない。チョコは明治チョコレート効果を4、5かけら摂取がおすすめ)

■昼食1時間30分後以降、夜が遅くなる時。少し空腹時に
「素焼きナッツ」(1日1袋(25g程度)まで。しかし、食べた後5時間は食べてはいけない)※無塩でローストされたミックスナッツ

■夕食
①じゃがチーズサラダ(オリーブオイル食事前に一口飲んで、かける)
ブロッコリー、アボカド、レタス、キノコ、きゅうり、(ハーブ)
②キムチ納豆豆腐
③魚
④冷凍ベリー100g

〈主食〉さつまいもorじゃがいも(玄米orそば(or全粒粉のパン))
適度な炭水化物は必要

〈魚(白い肉)〉
特に青魚(EPA,DHA、ビタミンDが豊富)ex.鯖,イワシ,さんま,ぶりなど
えび、ホタテ、いか→深部体温下げる / いわし、牡蠣→ミネラル
サーモン、マグロ
魚は缶詰でもよい!(添加物、BPA、塩分に注意)
※未加工で赤みの強い肉なら問題ない説もあり。

〈野菜〉4色以上とる
・レタス/キャベツ
・にんじん
・アボカドも最強/きゅうり
・ハーブ(パセリ・セージ・ローズマリー):薄毛対策
・ブロッコリーまじ最強(生で食べる。刻んで30分置いてから食べる)
・キノコ、ごぼう(食物繊維)
・小松菜、ほうれん草も栄養価かなり高い
「オリーブオイル(1日15~30ml、大さじ1~2杯)」かけて食べる
※オリーブオイルは偽物が多いので注意

→「じゃがチーズサラダ」
じゃがいも最強⇛皮付きのまま塩ゆで⇛皮向いて、切って冷蔵庫で軽く冷やす。サラダに入れて、ドレッシングかけ、パルミジャーノレッジャーノなどチーズを少量かけて食べる。

以上です。

こういったメニューが、おそらく最強になってくるかと思います。

もちろん他にもあるとは思いますが、手っ取り早さと継続しやすさ重視で、

一切妥協無しでメニューを構築してみました。

具体的に、どんな点に注意して野菜を選べばいいのかとか、

保存期間や保存方法などは、また別の記事でお伝えできたらと思います。

とりあえず、今回の記事では、ここまでということで!

まとめ

最強の食生活は、

一日三食を卒業して、16時間断食を取り入れるところから。

腹七分目で、からだにいい野菜重視の食事をしよう!

タイトルとURLをコピーしました