ガットギター・クラシックギターで弾き語り|アコギとの違いを比較

classic-guitar

 

ガットギターの魅力、みなさんはどれくらい知っていますか??

「なんか渋いかんじ?クラシック音楽とか?」

そんな認識の人は、もう一刻も早く知識をアップデートした方が良いです。

この記事は、

弾き語りをしている人
これから弾き語りをしようと思っている人
新しくギターを買いたいなぁと思っている人

こんな人におすすめです。

この記事を読めば、ガットギター(クラシックギター)で弾き語りをする素晴らしさ

分かると思います!是非最後までお付き合いください。



弾き語りといえば…

acoustic-guitar

そもそも弾き語りと聞いて、

すぐ思い浮かぶギターは、「アコースティックギター」だと思います。

コブクロ、ゆず、竹原ピストルなど、

「アコースティックギター」と「弾き語り」のイメージが

一緒になって浮かんできます。

実際世の中のギター弾き語りの大半は、アコギを用いたものだと思います。

しかし、これだけじゃない…

これだけじゃない!!!!

ミドリネコ
ミドリネコ

わかったよ…(笑)

(少し話はそれますが、弾き語りの配信をしたいと考えている方は、こちらの記事も是非ごらんください!)

ガットギターの音知ってる??

ガットギターと聞くと、なに??という人も多いと思うので

簡単に説明します。

どちらもギターという点では同じですが、

アコースティックギター鉄弦

ガットギタイロン弦でできています。

(クラシックギターやフラメンコギターなどは、このガットギターに属します。)

そう、「弦が全く違うのです。

弦が違う」=「音が違う

では、どんな風に違うか。

動画で見てみましょう。

まずはアコースティックギターから。

次に、ガットギター(クラシックギター)。

アコースティックギターは、鉄弦なのできらびやかで、ストロークが綺麗に鳴る一方で、

ガットギターは、どこかノスタルジック優しい音色で、アルペジオが映えます

同じギターでも全く音の性質が違うことがお分かり頂けたでしょうか!

ガットギターってプロも使っているの??

結論から言うと、

めちゃくちゃ多用されています。

著作権の関係上、写真は載せられないのですが、

ガットギター愛用者には、以下のような著名な方々がいらっしゃいます!

藤原さくら(ガットギター愛用者)

玉置浩二(作曲はすべてガットギター)

福山雅治(「これまで、いつも使っているアコースティックギターの鉄弦の倍音成分と僕自身が持つ声の帯域がちょっとぶつかるような気がしていて。ボーカルが抜けてこないなと。でも、ガットギターを使うと、それぞれの音の帯域がいい感じに分離して聴こえる。そのこともあって、今作っている曲のほとんどでガットギターを使っているんです」Real Soundより引用)

他にも、私がガットギターの使用を確認できたアーティストには、

森山直太朗小田和正コブクロ(小渕健太郎)桑田佳祐五木ひろしEric Clapton

などがいらっしゃいました。

このように、意外と知られていませんが、かなり有名な方々も使われています!

おすすめのガットギターは??

ガットギターと一括に言っても、

クラシックギターやフラメンコギターなど、色々あります。

その中で私が弾き語りにおすすめしたいのは、

松岡良治さんという方が製作されるクラシックギターです。

個人的な好みもあるのですが、弦高がクラシックギターの中では低めに設定されていて

弾きやすく、かつ、音がいい…。ほんとにいい。。

玉置浩二さんは、200万ほどするフラメンコギター(Jose Ramirez(ホセ・ラミレス))を使っているんですが、

これと音の傾向が結構似ているんですよね。。

松岡良治さんのギターなら、

値段としてはその20分の1以下で購入できるので、

個人的にはかなりおすすめです。

まとめ

ガットギターはナイロン弦で、とても温かくて優しく、ノスタルジックな音が鳴る。

弾き語り、特にアルペジオには、めちゃくちゃ相性が良い。

松岡良二のギターはおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました