【コスパ最強の水筒】浄水ボトル「DAFI」で水が安くおいしく飲める

dafi filtering-bottles

ポーランド産の浄水ボトル「DAFI(ダフィ)」の魅力について、解説していきたいと思います。

本日は、

・浄水ボトルってなに??
・DAFI(ダフィ)の浄水ボトルってどうなの?
・DAFI(ダフィ)のメリット・デメリットは?

こんな疑問をお持ちの方にぴったりな内容をお届けしていきます!

水分摂取のあり方について、きっと考えが変わると思います!

では行きましょう!



飲み物くらい買えば良くない?

vending machine

みなさんは普段水分補給はどのようにされていますか…?

「水筒は重いし、コンビニか自販機で買ってるよ」という方も結構多いかもしれません。

しかしもし、毎日コンビニや自販機で100円の飲み物を買い続けたら、1年で一体どれほどのコストになるでしょうか。

36500円になります。

大きくないですか?

たった100円の積み重ねでも、毎日レベルだとこんなに大きな額になるのです。

(もし10年続ければ、36万5千円にもなります。。)

しかも、コンビニや自販機に行くとおいしそうなジュースが沢山並んでいますよね。

ジュースは大量の糖分が含まれている。。

身体に悪いと分かっていながら、でもやっぱり買ってしまう。。おいしいもん。。

その蓄積は、金銭的ダメージだけでなく、身体的ダメージにもつながっています!

(因みに、「ペットボトル等のお茶」の場合も、お茶の葉に農薬が散布されたままのものが使用されていたり、結構危険です、)

また、毎度ペットボトルを捨てるとなると、地球にもエコじゃないですよね。

飲み物を毎日買うことのデメリットがありすぎて、ちょっと嫌な気分になってきますね、、(笑)

でも、もう大丈夫です。

だからこその「浄水ボトル」なんです。

浄水ボトルとは

water

浄水ボトルとは、なにかというと、

簡単に言えば、携帯用浄水器

水筒(ボトル)の中に、活性炭のフィルターが存在していて、水道水をろ過して飲めるというもの。

つまり、水道水さえあれば、いつでもおいしいお水が持ち歩けるのです。

最高じゃないですか??

人間は、体内の約70%が水分でできています。

つまり水というのは、人間にとって基本中の基本の飲み物なのです。

水には、余計な不純物が入っていない分、吸収率も良いとされています。

水をいつでもどこでも安く摂取できるというのは、まさに人体にとって最高の状態と言えるのです。

DAFI(ダフィ)の浄水ボトルってそもそもなに?

さて、浄水ボトルの必要性、素晴らしさは伝わりましたでしょうか…?

そんな浄水ボトルの中で、ダントツの評判を得ている「DAFIの浄水ボトル」について、触れていきたいと思います。

DAFI(ダフィ)は1981年にポーランドの自然豊かな田舎町、キエルツェという所で生まれました。

一番最初に誕生したのは電気給湯器でした。その当時、ポーランドではまだガスが通っていない地域が多かったことから、DAFIの電気給湯器は厳しい冬を越す人々にとって欠かせないものとなりました。

それ以来DAFIは、安全でおいしいお水が作れる浄水器を目指し研究、開発を重ねました。

そして今では国際的に認められた品質と安全性で世界33カ国以上で使用されています。

ポーランドから世界へ。おいしいお水をいつでもどこでも。

そんな背景を持ったDAFIだからこそ開発できた、浄水ボトル。

もう、魅力たっぷりの商品です。

DAFI(ダフィ)の浄水ボトルをレビュー

では、DAFIの浄水ボトルのレビューをしていきたいと思います。

結論から言えば、最高です。

水がおいしいです。カルキ臭くない

ボトルが軽い。持ち運びしやすい。

もう飲み物を買うことが完全になくなりました

自動販売機とは、これから無縁の人生を歩むことになりそうです。(それは言い過ぎか。笑)

とにかく素晴らしいの一言です。

使用感をもう少しリアルに掘り下げると、

デメリットとしては、

キャップをしっかり閉めないと漏れることがある(←意識すれば問題ない

水の出が細いので、水をがぶ飲みしたい人には向かない(←そもそもがぶ飲みは身体に良くないので逆に良い制約かもしれない

カードリッジの交換が少しめんどくさいかも(1つのカードリッジで150L使用可能。だいたい500mlを毎日使用で約10ヶ月おきくらいで交換。まあ1年弱で交換と考えれば、それくらいは全然許容範囲内かな)

くらいでしょうか。

唯一気になった点はそれくらいです。

サイズは、300ml500ml700mlと3つの中から選ぶことができます。

個人的には、男性なら700mlをおすすめします。女性は500mlが程よいサイズ感なのかなと思います。

因みに、ぼくは500mlと700mlを両方毎日持って行って使っています。(結構水飲むので。笑)

一日に必要な水分量は1.5~2.5リットル(体重などで変動)とかなり多いので、必要な水分量はできるだけ摂取するよう心がけたいですね。

DAFIは色展開も豊富なので、お好きな色を選べるのもいいいですね。

ぼくはライトグレーを選びました。程よく目立たず、気に入っています。

まとめ

水分補給は、人間の生命維持に大切な習慣。

お財布にも、身体にも、地球にも、やさしい

DAFIの浄水ボトルは、全人類マストバイのアイテム。

QOL爆上げさせて、最高の人生を歩もう!

タイトルとURLをコピーしました