人助けは自己満足か?自己犠牲か?偽善か…|幸せを奪う不幸な思考法

kindness

人助けは自己満足だという人がいる。

また、自己犠牲を払って人助けする人がいる。

人助けは偽善だと言う人がいる…。

今回の記事では、「人助け」って結局何なん…?と疑問をお持ちの方々に

是非読んで頂きたい内容になります。

これを読めば、最高の人助けのあり方が分かると思います!

是非最後までお付き合いください!  



自己犠牲は不要 & 自己満足ok & 偽善でも良し


結論から言うと、

犠牲なんて無理に払わなくていいし、その上で自己満足したらいいし、

結果、偽善に見えてもいいです。

自己満足できないことを続けていると、いつか精神が摩耗します。

自己犠牲は好きでやっているなら全然問題ありませんが、

自分の許容度を超えた犠牲は、これまた精神が摩耗します。

要は、まずは自分を大事にして!ということを、伝えたいです。

そしてその結果、誰かに偽善だと言われても、何の問題もありません。

他人の評価で、自分の人生の道を書き換えてはいけないと、ぼくは思います。

「助ける」って結局なに??


ではそもそも「助ける」とは、どういうことか。

結論から言うと、

「助ける=ネガティブ<ポジティブにする」

だと私は思います。

相手を助けるというのは、相手のネガティブをポジティブが上回るようにすること

だと思うのです。

そして「助ける」という行為には、2種類あると思います。

①ネガティブに入り込んで、助ける(ネガティブの中和)

②ポジティブに集中して、助ける(ポジティブの増加)


だとしたら、
自分のポジティブの総量で、対応の仕方が変わってきます。

ポジティブの総量が大きい人(自分や仲間を含めて)は、
いきなり中和に迎える。

ポジティブの総量が小さい人(自分や仲間を含めて)は、
いきなり中和に向かうと、ネガティブに飲み込まれる。
その前に、まずはポジティブの総量を増やすこと。

因みにボクは、後者のタイプの人間に近いので、
とにかくポジティブの総量を増やしたいです(笑)

ポジティブの総量を増やすとは、
自分の心が明るく希望に向かい、自分の夢に対してアクティブになれる状態を目指すこと
だと思います。

だとしたら、まずは自分がポジティブ人間になれるように、何かに熱中してみることが、次の扉を開ける鍵となります。

そして、自分だけでなく、周りの仲間もポジティブ人間が集まった時、
大きな助けが可能になり、

そうそうのことでは、ネガティブに染まらなくなります。

明るい光を灯し続けられるようになります。

まとめ


自己犠牲は無理なく。

自己満足はどんどんして良し。

偽善と言われようと関係なし。

とにかく「ポジティブの総量」を増やそう。

世界にポジティブな空気が、どんどん増えていきますように。

タイトルとURLをコピーしました