映画「ショーシャンクの空に」から得た学びと考察|人生に役立つ教訓

The-Shawshank-Redemption

今回は、名作と言われる「ショーシャンクの空に

こちらの映画を見ることができたので、その学びを記していけたらと思います。

かなり濃い学びを得ることができました。

マコなり社長、おすすめしてくれて本当にありがとう。。



「ショーシャンクの空に」から得た学び

ぼくがこの映画から、得た学びは3つあります。

それは、

①「人は、変化を恐れる生き物である」ということ。

②「変化こそ希望である」ということ。

③「希望は、我々の命そのものである」ということ。

①「人は、変化を恐れる生き物である」

depression

人という生き物は、一度慣れた環境・状態から離れることに

大きな不安と恐怖を感じるようにできています。

最初は、泣いて恐れた刑務所生活も、何十年と年月を経ると慣れてくる。

いざ仮釈放が決まると、今度は途端に社会復帰への不安に襲われる。

人は、変化が必要な世界へ飛び込むことに恐怖を感じやすいのです。

一方で、時間は我々の感覚を変えていきます。

長い月日とエネルギーを費やして、慣れていく(=恐怖が消えていく)のです。

しかし、自分にはそんな時間・エネルギーは残されていないと悟ったとき、人は生きる力を失ってしまうのです。

②「変化こそ希望である」

change

変化に不安や恐怖を感じるのは誰でもそうですが、

一方で人間は、変化にこそ希望を見いだせる生き物であることもまた事実です。

歩けなかった赤ん坊が歩けるようになった喜び。

乗れなかった自転車に乗れるようになった喜び。

話せなかった英語が話せるようになった喜び。

変化こそがぼくたち人間の希望になるのです。

語弊を恐れず言えば、慣れたらいけないんです。

慣れに安住してはいけないんです

変化の中に、生きる意味を見出し、

生きる希望を見出すことができるのです。

日々の地味な積み上げでもいい。思い切った環境変化でもいい。

どんなに苦しくても、「変化」だけは明日の生きる希望につながる。

③「希望は、我々の命そのものである」

hope

映画の中で、こんな名台詞が出てきます。

希望は永遠の命だ

この言葉に深く考えさせられる人は多いのではないでしょうか。

まさに、「希望」は人間の生きる源であり、死ぬことはない

そういうことだと思います。

希望は変化の中にあると言いました。

希望にあふれた「変化」を日々続けていくこと

それさえできればぼくたちは、どこまででも生き続けれられる

そんなメッセージをぼくは感じました。

必死に生きるか、必死に死ぬか

映画に出てくるこの名言も、言い換えれば、

希望を持って変化を起こす人生を送るか慣れに安住して耐える人生を送るか

簡単に言えば、「やるかやらないか」ということだと思います。

まとめ

変化は怖いものに思えるかもしれない。

だけど、変化こそぼくたちの希望なんだ。

希望に向かって変化し続ければ、何も怖いものなんてない。

その日々の変化こそが、ぼくたちの生きる意味につながるのだから。

タイトルとURLをコピーしました